カテゴリー
その他

世界の偉人と名言~第4回~

みなさんこんにちは。中川駅前校の打田です。

第4回は、日本史上の人物ランキングの上位を常にキープしている。織田信長です。

 織田信長は1534年、尾張で生まれ(今の愛知県西半分)、那古野(なごや)城(今の名古屋市)で育ちました。

 1546年、元服して幼名の吉法師から織田三郎信長と名乗り、父信秀の死によって18歳で織田家をつぎました。しかしこの頃の信長は、好んで風変わりな格好をして、乱暴な性格であったため、「大うつけ者」(大ばか者)と周りから非難されます(周りの目を欺くためにやったとも言われていますが)。そのため織田家の家臣や一族の中に信長から離れていく人も多く出ました。それを見たお守役の平手政秀は、ひどく情けなく思い自身の死をもって信長を諫めました。このことは、信長もかなりショックだったようで、彼は深く反省したと言われています。この出来事から、信長は尾張国内の反対勢力を一掃するため行動をおこし、天下統一へ乗り出していきます。

それでは、彼が成し遂げた業績を見ていきましょう。

桶狭間の戦い今川義元を破って(1560年)、足利義昭をともなって京都に上り、義昭を将軍職につける。

その後1573年、信長と対立した足利義昭を京都から追放し、室町幕府をほろぼす。

長篠の戦い(1575年)で武田氏(武田勝頼)を破る(※鉄砲を組織的に使った戦いと評価されている)

また、反対勢力となった自治都市の堺、比叡山延暦寺、一向一揆(石山本願寺)らを武力で抑えた。

仏教徒の勢力を抑えるためにキリスト教を保護した。

1576年、滋賀県に安土城を築き天下統一の拠点にした。また城下に楽市・楽座令を出し、各地の関所も廃止して自由な経済活動をうながした

わずか一代で尾張の一大名から、天下統一へあと一歩のところまで来ましたが、みなさんご存知のように、1582年、本能寺の変で家臣の明智光秀が反乱し、信長は自害してしまいます。

最後に織田信長の言葉を紹介します。

理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ。

信長も前回の始皇帝と同じように、短期間で改革を断行していった人物です。そのため敵対する勢力や人物が多くいたのも事実です。しかし、それでもなお自分を貫き通して事業を続けた背景には、上の言葉のような思いがあったからではないでしょうか。実際に彼は徳川家康が成し遂げる天下統一への礎を作りました。自分の理想や信念は何者にもまさる武器だと言えます。

受験生のみなさんは本番まで半年を切り(AO・推薦の方たちはもうすぐですね)、いよいよ勝負本番が見えてきました。まずは、勝負に勝つために自分の「理想・信念」について考えてみませんか。きっと勉強の効率があがるはずですよ。

カテゴリー
イベント・行事・説明会

全国統一小学生テストを実施します!

みなさんこんにちは。開明とぴあ中川駅前校の打田です。

来る11月3日(祝・火)全国統一小学生テストを開明とぴあ南が丘校・中川駅前校にて実施いたします。

この日のために勉強してきたみなさんはもちろん、初めて受験するみなさんの挑戦をまってます。

お申し込みはこちらのアドレスからできます。https://www.yotsuyaotsuka.com/toitsutest/moushikomi/

※対策授業・見直し授業・成績表返却については各校舎までお問い合わせください。

カテゴリー
その他

世界の偉人と名言~第3回~

みなさんこんにちは。中川駅前校の打田です。最近は夜も一気に涼しくなり過ごしやすくなりましたね。

第3回の今日は、マンガやゲームでも人気の秦の始皇帝(政)について紹介します。

秦の始皇帝ことはわずか13歳でという国の王に即位します。当時の中国は「戦国の七雄」と呼ばれる7つの国に分かれて争っており、はその中でも強国の一つでした。

即位から16年後、が29歳の時、自分の国の力が十分に整ったことを確信し、政は中華統一の大事業に乗り出します。韓(かん)を手始めに趙(ちょう)燕(えん)、魏(ぎ)、楚(そ)、斉(せい)とライバルの六国をわずか10年で滅ぼし、紀元前221年に天下を統一、中国史上始めて皇帝を名乗ります

このように、戦いに明け暮れた強い皇帝というイメージがある始皇帝ですが、彼の歴史上の功績を見ていきましょう。

・中国の歴史上、始めて中国を統一し皇帝を名乗った。

・中国全土を48もの地域に分け中央集権的な郡県制度による専制政治を行った。

・度量衡・貨幣・文字の統一を行なった。

・焚書坑儒と呼ばれる思想・言論統制を行なった。

・北方にある異民族の侵入を防ぐための城を修築してつなげ、万里の長城として完成させた。

政は皇帝を名乗ってから様々な改革を行いました。なぜなら広大な中国全土を治めるためには今までのやり方では不便なことが多かったからです。そこで政治や文字・単位などの考え方を新しいものに統一していく必要がありましたが、あまりにも急ぎすぎたため多くの人たちの反感を買ってしまいます。そのため、秦は建国よりわずか16年、紀元前206年に滅亡してしまいます。

このことから、始皇帝は強引なやり方で中国を統一した人物として見られることもあります。しかし、この皇帝を中心とした支配体制が1911年の辛亥革命で清が倒れるまで、2000年以上続いたということを考えると、彼は一つの時代の基礎を一代で築いた偉大な人物であると評価できるのではないでしょうか

最後に、始皇帝の言葉を紹介します。

新しい世代が、当然の事として受け容れているものは忘れ易いものだが、古い世代の厳しい戦いの成果である。

この言葉は、様々な改革を押し進めていった始皇帝が語ったからこそ非常に重みのある内容だと思います。私達は、今の生活を当たり前のように何不自由なく過ごしていますが、それは自分たちの祖先が、苦しく不便な環境を改善していってくれたからです。私達の先人に感謝の気持ちを持ちたいですね。その一方、今の生活や暮らしの中でも、不便と感じることや納得のできないことがありませんか。よりよい世の中にしていきたい気持ちを抱くことが大事だと思います。歴史とは、人生とは「戦い」=「より良くするために努力すること」の連続です。まずは開明とぴあで自分を磨く「戦い」を私達と始めてみませんか。

カテゴリー
未分類

世界の偉人と名言~第2回~

みなさんこんにちは。中川駅前校の打田です。第2回目は、「イイクニ(1192年)作ろう鎌倉幕府」でおなじみ、源頼朝です。

源頼朝は13歳の時に平治の乱という大きな争いに源氏の棟梁である父親とともに参加しますが、平氏に敗れてしまいます。そして死罪は免れますが平清盛によって静岡の伊豆に流されてしまいます。この時、父親は殺害されてしまい源氏勢力は大きく衰えてしまいました。

伊豆へ流された頼朝は、地元の豪族北条時政の協力を得て、20年間仲間を募りながら源氏の勢力を取り戻すチャンスを窺います。

一方その頃、平治の乱の勝利で大きな権力を得た平氏は、権力を拡大し、政治を自分たちの思いのままにしていました。

そのため、打倒平氏のムードが高まり、源頼朝を代表とする源氏勢力が兵を起こします。

そして源氏、平氏の間で6年もの間争いますが(治承・寿永の乱)、源義経ら優秀な人物の働きにより、源氏側を勝利に導きました。

この間様々な事件や印象深いことたくさんありますが、以下では源頼朝の歴史上の大きな功績をまとめます。

日本全国に年貢(今の税金)の取り立てを行う地頭(じとう)と、その地頭をチェックする守護(しゅご)と呼ばれる人をおいた。

1192年、征夷大将軍となり、幕府を開き、鎌倉に政治の中心をおいて全国を治めた。

教科書に出てくる主な功績は上の2点かと思いますが、彼が日本の歴史上で残した最大の功績は天皇や貴族中心の政治から、武士が中心になって政治をする仕組みを作ったことです。そして、その仕組みは江戸時代が終わるまで続くことになるのです。

このように、源頼朝は武士よりも政治家として非常に優秀な人物であったといえます。

最後に彼の名言を紹介します。

大事を思ひはからふ者、物とがめをせず、事ならぬことを事になさず。

これは、「大きなことに挑もうとする人は、小さなことを咎め立てせず、ささいなことを取り立てて問題にはしない」という意味です。みなさんは他のことや周りの目が気になって、大事なことに集中できないということはありませんか。そんな時は、自分はなんのために勉強しているのか、自分の目標の大事さをもう一度見直して気分を入れ替えてみましょう。

カテゴリー
その他

世界の偉人と名言~第1回~

みなさんこんにちは。開明とぴあ中川駅前校の打田です。

今回より、学校の授業で登場するみなさんとも馴染みの深い歴史上の人物とその名言を紹介していきます。

第1回は聖徳太子(しょうとくたいし)についてご紹介します。

飛鳥時代に活躍したと言われる聖徳太子は、昔のお金に肖像画が載っていたり、厩戸皇子(うまやどのおうじ)などとも呼ばれ、日本人には非常に馴染み深い人物です。

まず、聖徳太子が残したと言われる功績について説明します(テストに出ますよ)。

摂政(せっしょう)の位につき、日本で初めての女帝である推古天皇を補佐した。

冠位十二階の制を設け、出身や身分に関係なく、能力の高い優秀な人材を採用した。

十七条の憲法を制定し、天皇の命令に従うこと、仏教を敬うことなど役人の心構えを記した。

・東アジアでの日本の立場を有利にするために中国の進んだ文化を取り入れようとして、小野妹子らを随(ずい)に遣隋使として派遣した。

最後に、聖徳太子の言葉を紹介します。

「真心は人の道の根本である。何事にも真心がなければいけない。物事の善し悪しや成否は、すべて真心のあるなしにかかっている。真心があるならば、何事も達成できるだろう。群臣に真心がないなら、どんなこともみな失敗するだろう」

このブログを見ているみなさんは「志望校に合格したい」、「部活の大会でいい成績を残したい」など、自分の目標達成のために日々がんばっていると思います。でもうまくいかない時だってあります。そんな時この言葉を思い出してください。偽りや飾りのない、真剣につくす心で取り組んでいるでしょうか。自分に問いかけて問題の解決方法を探っていきましょう。

開明とぴあはみなさんの成功を応援しています。一緒に頑張っていきましょう!

次回の投稿をお楽しみに!

カテゴリー
イベント・行事・説明会 お知らせ・キャンペーン

読書の秋。「わくわく文庫」無料体験会を開催します!

こんにちは。開明とぴあ中川駅前校の打田です。

9月に入ってもまだ暑い日が続きますが、少しは風が涼しくなってきたように思います。

さて、開明とぴあではこの秋、読書の秋ということで、9月12日(土)・9月26日(土)の両日に、人気の速読・速聴・作文講座「わくわく文庫」の無料体験会を開催いたします。

この講座は、「まんがばかりでなく、もっと読書をしてほしい・・・」といった声に応えるために作られた講座です。まず、「わくわく文庫」はプロのナレーターによる読み聞かせの形で読書を進めていくので、読書に慣れていないお子様でも、スムーズに始めることができます。

また、ナレーターによる音声のスピードは自分にあったスピードに変更ができるので、速読をしたい人は再生スピードを上げたり、ちゃんと理解しながら読みたい人はスピードを落としてじっくり取り組むこともできます。

「わくわく文庫」を続けると、読解力・語彙力が向上するだけでなく、読むスピードも上がって(集中力が上がる)きます。その結果、国語の読む力だけではなく、英語のリスニング能力・数学の問題を解くスピードが上がるなど、学力の全体的なアップ「わくわく文庫」の効果として報告されています。

まるで魔法のような講座ですが、どのような講座か実際に体験してみませんか。すでに開明とぴあにご入塾されている方も無料体験会にお申し込みいただけます。

お問い合わせは、最寄りの開明とぴあの校舎までよろしくお願いいたします。

ご連絡先:津駅前校☎059-229-0044 津新町駅前校☎059-223-6011 南が丘校☎059-225-3730 中川駅前校☎0598-48-1015